10月14日放送のFM HOT 839のラジオ番組「佐藤和久のテイクハートタイム」で鈴木裕さんのインタビュー後半戦が放送!

10月14日放送のFM HOT 839のラジオ番組「佐藤和久のテイクハートタイム」で、鈴木裕さんのインタビュー全編(前回の前半戦+未放送の後半戦)が放送されました。
後半戦のインタビュー内容をまとめましたので、見逃してしまった方はチェックしてみてください。

※9月23日 放送回のインタビュー前半戦は前の記事(ここをクリック)でまとめてあります。

なお、ツイキャスからはラジオの映像付バージョンを見れます。
ツイキャスでは鈴木裕さんのインタビュー部分に音声がかぶっているので聴くことはできませんが、シェンムートークの部分は聴けます。

ライブ 「佐藤和久のテイクハートタイム」ツイキャス
主に22:00~、35:40~からです。

インタビューまとめ

※記事中の名前表記は、佐藤=佐藤 和久さん、石垣=石垣まさきさん、橘(佐藤)マリアさんです。

佐藤:時間もあれなのでもう一個質問しても宜しいでしょうか?今の話の流れなんですけど、ガッキーが折り返し地点とか言ったじゃないですか。裕さんの中でシェンムーの世界があるじゃないですか。裕さんの頭の中でしか多分先のストーリーがないと思うんですけど、どんな感じで構想って今ありますか?
鈴木裕:やっぱりあの…できれば未完っていう形よりは終わりの形まで持っていきたいなって思うんですけど。チャンスがあればね? 後1回で終わりにするにはかなりの分量があって効果的に多分ならないので。
どれくらい…「1個に四年五年かけてやるとあと何個できんだろう」みたいな話の中で、何かクリエーターであるうちにENDまでいくような形にはしたいとは思うんですよね。チャンスがあればね。

佐藤:これから年に1本のペースでいってもらわないとね。こっちとしては。(笑)
石垣:4年5年かかってるって。
佐藤:そこをね、ギュっと縮めて。いろいろこうね。
石垣:シェンムーファンとしては何年経っても待ち続けると思いますよ。
佐藤:うちの石垣はですね、怒るんですよ。俺に。1と2僕まだやれてないんですよ。「なんでやんねぇの?はぁ?」って言うんですよ。…ちゃんと3が手元に来る前までには何とか12クリアしたいと思いますので…。
鈴木裕:セガから出ておりますのでぜひ。
一同:ツッコミづらい。(笑)
鈴木裕:ドリームキャストでも大丈夫ですよ。(笑)動くやつを探して。

佐藤:動くやつ探して。(笑)
鈴木裕:うん。

佐藤:時間まだ余裕あるんですけど、ちょっと余裕を持って。シェンムー3というよりも、鈴木裕さんの今後の抱負といいますか、何か今後狙っている何かとかありましたら。ザックリとばれない程度に。
鈴木裕:狙ってないですね。(笑)

佐藤:何でですか。絶対嘘じゃないですか(笑)
鈴木裕:やっぱり何かをしないと何も起きない。
これからシェンムーが世に出ていくと。あと2ヶ月あまりで。そっからまた何かが起きて、何かが連鎖していくんだと思いますね。

佐藤:発売してから何かがガガガと動き出すような感じもなくはないということですかね?
鈴木裕:そうですね、やっぱり何かちょっとWebに出たり、取材が多くなってきたり皆さんの目に触れることも多くなってきてるので。まったく違ったお話がきたりもするので、そういうのが何か変化ですね。

佐藤:口では出さないと思うんですけども、頭の中に何かかがあると思うんですよ。何かが。
鈴木裕:こんなやつね。(笑)

佐藤:これラジオなんで伝わんないすけど。(笑)それとは別のものが生まれてくるっていう感じなんですかね?
鈴木裕:うんうん。何がどうなるかちょっと分からないですけど。縁というのもありますから。パートナーさんどこと組むかとかっていうのもあるので。

佐藤:うちのハニーもさっきモニターでシェンムー3の映像見て買うって。
マリア:いいですか?私、聞きたいことがあったんですけれども、今回シェンムー3の中で裕さんが一番好きな場所。世界の中で一番好きな場所、一番愛している場所っていうのがもしあったら教えてもらいたいなと思いました。
鈴木裕:好きな人でもいいですか?場所と人になるけど。
マリア:人ですか?ええ。

鈴木裕:鳥舞旅舎の。女将。
一応「鳥舞三大美女」と名づけておきましたので。あと二人「鳥舞三大美女」のテレホンカードがあるので、これを3つ集めていただきたいなと。発売したらね。

石垣?:三大美女。今裕さんがおっしゃった方は相当な美女です。多分みたら「ほっー」となる。(笑)
マリア:まずはそこを目指してプレイさせていただこうかなと。
佐藤:そこの近くに…これ言っちゃいけないからあれなんですけど、結構いろいろと楽しめると思いますので。
鈴木裕:もちろんそこの建物もいいですから。

佐藤:最後の最後にこれを聴いてるラジオのリスナーの方に一言。
鈴木裕:そうですね。結構のんきな、急いでやらないほうが楽しめるゲームになっているので。発売されたらぜひ時間のあるときにゆったりとゲームをして欲しいなと思います。あと二ヶ月ちょいお待ちいただくことになりますが、ちょっと出たら買っていただきたいな。遊んでいただきたいなと思います。よろしくお願いします。

佐藤:ということで本日のスペシャルインタビューはシェンムー3の鈴木裕さんでした。ありがとうございました。
鈴木裕:ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加