『シェンムー I&II』が米国のレイティングESRBによって評価される。

『シェンムー I&II (PC,PS4,Xbox One)』が、米国のESRB(エンターテインメントソフトウェアレイティング委員会)によって評価されました。

レイティング区分は、対象年齢13歳以上のTEENとなっています。

以下、レイティングの詳細です。
機械翻訳を使用しているので、正確にあっている自信はありません。
うまく翻訳ができていないところもあります。

コンテンツ内容
軽度の挑発的なテーマ、模擬賭博、アルコールとたばこの使用、暴力

評価の詳細
これは、プレイヤーが父親の死に復讐しようとしている十代の柔術家(芭月涼)の役割を担うアクションアドベンチャーゲームです。
彼が横須賀市を旅する中で、プレイヤーはミッションに参加し、手がかりを探し、近接戦闘で街の刺客たちと戦うことができます。
キャラクターは戦闘中にパンチ、キック、お互いに投げ合います。
戦いは、衝撃音と痛みの叫び声によって強調されます。

いくつかの環境には、ビキニの女性像を描いたピンナップのポスターや雑誌があります。
1人のキャラクターが、切断量の多いローカットの衣装を着て表示されます。
(たぶんジョイのこと)

プレイヤーは、スロットマシンでのゲーム内通貨だけではなく、ダイスやルーレットスタイルのゲームに賭けることができます。
キャラクターはたばこの喫煙が見られることがあり、1つのシーンはビール瓶を飲んでいてスピーチで暴れる2人の男性が描かれています。
ダイアログに「a * shole」という単語が表示されます。
(as shole=汚いスラングです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加