鈴木裕子さんと井内竜次さんによる「プラネタリウム音楽会」が3月21日に開催!

直接『シェンムー』とは関係ないお話になってしまいますが、繋がりがあるということで紹介します。

二胡演奏者・鈴木裕子さんと、作曲家・井内竜次さんによる”プラネタリウム音楽会”「春宙 星空に響く二胡の調べ Vol.3」が、静岡県にあるディスカバリーパーク焼津天文科学館で3月21日に開催されました。
定員は165人でしたが、大人800円・子ども400円の前売券が完売するほどの盛況だったようです。

当日の様子は、ディスカバリーパーク焼津天文科学館のTwitterで紹介されています。

プラネタリウムによる幻想的な星空が素晴らしいです。

お二人の感想もあります。

冒頭でも述べましたが実はこの2人、『シェンムー』とも繋がりがある方達なのです。

■シェンムーとの繋がり
二胡演奏者の鈴木裕子さんは、『シェンムー』のCD(音楽)がきっかけで二胡に興味を持ち、そこからゲームもプレイしてファンになったというエピソードがあります。
リンク ※詳しくは産経ニュースで。

また、ディレクターの鈴木裕さんと名前が一文字違いという奇妙な共通点もあります。
(ゆうとひろこで名前の読み方は異なりますが)

井内竜次さんはご存知の人が多いと思いますが、「シェンファ ~莎花~」などを始め、1と2にさまざまな曲を提供している方です。
過去に記事にしたことがありますが、こんな素晴らしいエピソードもあります。
リンク シェンムーの音楽に関わる井内竜次さんが2010年に亡くなったRodger Swanさんのために曲を作る

昨年4月には、2人のコラボが実現して特別な楽曲も公開されました。
このコラボのきっかけとなったのが、産経ニュースの取材記事です。
「何か一緒にやりましょう」という井内さんからの一言で実現したみたいです。
https://ameblo.jp/nikoniko-maruhiro/entry-12147872898.html

翌年、こうして「プラネタリウム音楽会」で競演が実現できたというのも感慨深いものがありますね。
『シェンムー』の縁を感じてしまいます。

個人的な意見になってしまいますが、1曲でもいいので鈴木裕子さんが『シェンムー3』の音楽に関わってくれたら素敵だなと思います。

情報源:
プラネタリウム音楽会「春宙 星空に響く二胡の調べ Vol.3」 概要ページ
チラシはこちら
Phantom River Stone

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加