Shibuya ProductionsのCedric Biscay氏へのインタビューがファミ通に掲載。 シェンムー3についても


Shibuya ProductionsのCedric Biscay氏へのインタビューがファミ通に掲載されています。
シェンムー3についてのお話もありました。

以下、シェンムーに関する部分のみ引用します。

――シブヤ プロダクションズは、『シェンムー3』の開発にも携わっているとのことですが、なぜ『シェンムー3』に関わることになったのですか?
ビスカイ もともと自分は『シェンムー』ファンで、『1』、『2』をプレイして、『3』がないことをとても残念に思っていたんです。ですので、鈴木裕さんとヨーロッパのイベントにお会いするたびに、冗談で「『シェンムー3』はまだですか?」とうかがっていました。

――もともと、鈴木さんとはご交流があったんですね。
ビスカイ 鈴木さんとは、じつはシブヤ プロダクションズとして、ほかの企画をいっしょに進めていたんです。その企画は残念ながらなくなってしまってしまったのですが、一方で『シェンムー3』開発が現実味を帯びてきたということを聞いて、シブヤ プロダクションズとして関わることにしました。それは、Kickstarterでの支援募集が始まるよりも前のことです。

――具体的に、『シェンムー3』にはどのように関わっているのですか?
ビスカイ 出資者のひとりとして、Co-プロデューサーとして、開発が順調に進んでいるかどうかをチェックしています。

――多くのファンが気になっていることかと思いますが、いまの開発状況はいかがでしょうか?
ビスカイ 順調ですよ。鈴木裕さんの手首が折れないかぎり、予定通りに進むと思います! 楽しみにしていてください。
出典:ファミ通.comより

開発は順調のようですね。

Shibuya Productionsは、シェンムー3のプロジェクトにも関わっているフランス・モナコの企業です。
シェンムー3公式サイトのQ&Aにも、Shibuya Productionsのことが書かれています。

ソニーとシブヤプロダクションは開発にどのように関わるのですか?
ソニーとシブヤプロダクションはシェンムーIIIを制作する上で非常に重要なパートナーです。彼らとの契約内容の詳細は、契約上明かすことは出来ないのですが、彼らの支援は主にプロモーションとマーケティングの分野になります、これによりYs NetはKickstarterとPaypalで集めた資金をシェンムーIIIの開発に集中することができます。
そしてKickstarterとPaypalで集まった資金はYs Netが管理し、開発費とリワード制作、発送、カスタマーサポートの運営費に使い、ソニーとシブヤプロダクションはそれらの資金を1円も受け取りません。

詳しくは明かせないみたいですが、プロモーションとマーケティングなどで協力してくれるようです。
Shibuya Productionsの公式サイトでも、シェンムー3のページが作られています。
リンク http://www.shibuya-productions.co.jp/project/shenmue3.html

Cedric Biscayさんはシェンムーシリーズのファンのようで、Twitterでも度々シェンムーのことをつぶやいてくれてます。
Twitter https://twitter.com/CedricBiscay

小島監督との2ショットも!